AirPAY(エアペイ)導入加盟店のメリット・デメリット

AirPAY


オダギリジョー出演のCMで話題になっているAirPAY(エアペイ)を自分のお店に導入したい」「AirPAY(エアペイ)の特徴や、お店に導入した場合のメリットやデメリットを知りたい」という店舗経営者向けにAirPAY(エアペイ)を紹介しています。

ぜひ導入ご検討の参考にしてみてください。


AirPAY(エアペイ)とは

AirPAY(エアペイ)とは、リクルートが提供するAirシリーズのキャッシュレス決済サービスです。

iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台で、主要の国際6ブランドのクレジットカード決済と交通系電子マネーのほか「iD」「QUICPay」「Apple Pay」、QRコード決済、ポイントカードに対応しています。

また、Airレジと併用することでPOS連携が可能となります。

AirPAY(エアペイ)は、「キャッシュレス・消費者還元事業」における決済事業者です。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費税率が10%に引き上げられる2019年10月から9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です。

消費者のメリットのみならず、決済手数料補助など加盟店にとってもメリットがあります。

Airペイに申込むだけで、「キャッシュレス・消費者還元事業」の事業者登録と加盟店登録手続きが同時にできます。

AirPAY(エアペイ)を導入するなら、今が一番良いタイミングであるといえるでしょう!

(参考:キャッシュレス・消費者還元事業の概要

アプリとカードリーダーとiPadまたはiPhoneではじめられる

Airペイアプリ

Airペイアプリ(無料)をダウンロードして利用します。Airペイアプリ

  • アプリダウンロード0円
  • iPad/iPhone対応

※Android端末には対応していません。

カードリーダー

AirPAY(エアペイ)の審査完了後に届きます。
カードリーダー

  • 接続方式:Bluetooth v4.0 / BLE
  • 磁気カード/ICチップカード/非接触ICカード対応

iPad/iPhone

AirPAY(エアペイ)はiPad または iPhoneがあれば使用できます。iPad/iPhone

キャッシュレス0円キャンペーン実施中!

AirPAYに申込時にキャッシュレス・消費者還元事業者登録を同時に申し込むと、iPadもカードリーダーも無料でそろいます。

振込手数料・月額固定費・カードリーダー0円、消費者還元事業者登録でiPadも0円

AirPAY(エアペイ)の対応ブランドと決済手数料

クレジットカード

対応
ブランド
VISA・mastercard・americanexpress JCB・Diners Club・DISCOVER
決済手数料 3.24% 3.74%

消費者還元事業者登録で実質2.16%
消費者還元事業者登録で実質2.16%(2019年10月から2020年6月末まで。事業者登録完了後の適用開始日より反映します。)

電子マネー

対応
ブランド
Kitaca(キタカ)・Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)・TOICA(トイカ)・manaca(マナカ) ICOCA(イコカ)・SUGOCA(スゴカ)・nimoca(ニモカ)・はやかけん ApplePay・iD・QUICPay
決済手数料 3.24% 3.74%

※「Apple Pay」を「Suica」で利用する場合、決済手数料は3.24%となります。

消費者還元事業者登録で実質2.16%

消費者還元事業者登録で実質2.16%(2019年10月から2020年6月末まで。事業者登録完了後の適用開始日より反映します。)

QRコード決済

対応
ブランド
LINE Pay(ラインペイ)・d払い・PayPay(ペイペイ)・Alipay(アリペイ/支付宝)・WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)
決済手数料 3.24%

消費者還元事業者登録で実質2.16%

LINE Payd払いPayPayについては消費者還元事業者登録で実質2.16%(2019年10月から2020年6月末まで。事業者登録完了後の適用開始日より反映します。)

QRコード決済のうちAlipay(アリペイ/支付宝)とWeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)は、キャッシュレス・消費者還元事業の対象外となります。
AirPAYAirPAY(エアペイ)QR

Airペイ ポイント

対応
ブランド
T-POINT・Ponta(ポンタ)・WAON POINT

※ サービス利用には初期費用と月額利用費が発生します。
AirPAYAirPAY(エアペイ)ポイント

AirPAY(エアペイ)の入金サイクルと入金手数料

入金サイクル

AirPAY(エアペイ)での売上額の入金サイクルは、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行を利用する場合には月6回、その他の金融機関では月に3回となります。

また、QRコード決済の売上は月末締め翌月末払いの月1回です。

振込設定口座 入金回数 締日 入金日
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
月6回 5日 10日
10日 15日
15日 20日
20日 25日
25日 末日
末日 翌5日
上記以外の金融機関 月3回 10日 15日
20日 25日
末日 翌5日

※ 振込日が金融機関休業日の場合、月末振込は営業日前倒し、それ以外は営業日後倒しになります。

入金手数料

振込手数料は、どの銀行口座を指定しても無料です。

※ ゆうちょ銀行は振込口座に指定できません。

AirPAY(エアペイ)を導入するメリット

メリット
  1. 多種多様な決済に対応
  2. 導入・運用コストが無料
  3. 最大月6回の入金サイクル
  4. 決済手数料率は業界最安水準
  5. お申込みから約週間で利用可能
  6. Airレジとの併用でPOS連携が可能
  7. 安心できるサポート体制

多種多様な決済に対応

クレジットカードの他、各種電子マネーQRコード決済ポイントカードに対応しています。

QRコード決済では、中国スマホ決済のAlipay(アリペイ/支付宝)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)にも対応しているのでインバウンド需要対策に効果的です。

導入・運用コストが無料

AirPAY(エアペイ)は「キャッシュレス0円キャンペーン」実施中でiPadもカードリーダーも0円でそろいます。

通常、カードリーダー費用が19,800円かかります。

また、月額の固定費・振込手数料は一切かかりません。

最大月6回の給金サイクル

クレジットカード決済のサービスでは、月2回の入金サイクルが一般的ですが、Airペイ(エアペイ)では月最大6回までの入金対応が可能です。

決済手数料率は業界最安水準

AirPAY(エアペイ)は、3.24%~3.74%の業界最安水準の決済手数料です。

お申し込みから約2週間で利用可能

Airペイ(エアペイ)は、お申込みから2週間程度でご利用可能となります。

Airレジとの併用でPOS連携が可能

Airレジ(エアレジ)は、無料で簡単に使えるPOSレジアプリです。

必要なのはiPhoneまたはiPadとインターネット環境だけです。

Airペイ(エアペイ)とAirレジ(エアレジ)を一緒に利用することで、注文入力から会計までが一括で可能になり、煩わしいレジ業務がもっと便利になります。

さらにレシートプリンタやキャッシュドロアなどの周辺機器を組み合わせれば大変便利に利用できます。

Airレジ(エアレジ)を利用することで、決済方法別のデータの他に、前年比や商品ごとの売上などさまざまなデータがいつでもどこでも簡単に確認できます。

豊富なデータで確実な分析を行うことで、お店の売上アップへつながることができます。

安心できるサポ―ト体制

Airペイ(エアペイ)の「決済サービスヘルプデスク」は年中無休受付時間は9:30~23:00です。

決済処理で困った時に、すぐに電話相談できるので、とても便利で安心です。

AirPAY(エアペイ)のデメリット

デメリット
  1. 対応端末がiOSのみ
  2. 支払い方法は 1回払い(一括払い)のみ
  3. ゆうちょ銀行は入金口座に指定できない
  4. 一部の電子マネー・QRコードは未対応

対応端末がiOSのみ

AirPayアプリに対応する端末がiOSのみであるためipadとiphoneでしか利用できません。

Androidは現時点では未対応となっています。

そのため手元にiPhoneやiPadを持たない場合には、対応端末を別途用意しなければなりません。

しかし、「キャッシュレス0円キャンペーン」開催中に導入申し込みをする場合は、iPadを無料でレンタルしてもらうことができるため、キャンペーンを活用する限りは大きなデメリットではありません。

支払い方法は 1回払い(一括払い)のみ

支払い方法は 1回払い(一括払い)のみ になります。

リボ払い、分割払い、ボーナス払いは利用できません。

ゆうちょ銀行は入金口座に指定できない

入金口座に「ゆうちょ銀行」は指定できません。

ゆうちょ銀行をメインバンクにしている場合、他の銀行の口座を開設し入金口座に指定する必要があります。

その他の金融機関は全て対応しています。

一部の電子マネー・QRコードは未対応

今のところ、主要な電子マネーでは「nanaco」「WAON」「楽天Edy」が、主要なQRコード決済では「楽天ペイ」「au PAY」が未対応となっています。

AirPAY(エアペイ)利用開始までの流れ

AirPAY(エアペイ)は申込みから2週間程度で利用可能となります。

STEP.1
お申込み
店舗情報、口座情報、法人の場合は法人情報の入力。
また、キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みをご希望の方は、登録情報を入力。
審査に必要な書類をアップロードし申込む。
STEP.2
審査
審査は通常3日程度で完了。
審査結果が登録メールアドレスに送信されるほか、管理画面でもご確認可能。
STEP.3
配送
審査完了後、登録した店舗にカードリーダー、操作マニュアル、加盟店ステッカーが届く。
キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みでiPadも希望された場合は、合わせて届く。
STEP.4
初期設定
iPadまたはiPhoneにAirペイアプリのダウンロードを行う。
カードリーダーの箱に同梱されているマニュアルを参考に、各種設定を行う。
STEP.5
利用開始
ご利用開始のお知らせメールが届いたら、決済機能が利用できるようになる。
Airペイの初期設定や使い方が詳しくわかる動画マニュアルはこちらです。
AirPAY動画でわかるAirペイ|AirPAY(エアペイ )の使い方

AirPAY(エアペイ)導入事例-YouTube

AirPAY(エアペイ) 導入事例【飲食店】

飲食店のAirPAY(エアペイ) 導入事例動画です。


AirPAY(エアペイ) 導入事例【美容室・ネイルサロン】

美容室・ネイルサロンのAirPAY(エアペイ) 導入事例動画です。


AirPAY(エアペイ) 導入事例【食品販売店】

食品販売店のAirPAY(エアペイ)導入事例動画です。


まとめ

AirPAY(エアペイ)は、決済方法が豊富で最大月に6回の入金サイクルに対応しているところが他社サービスと比べて優れている点です。

国際6大ブランド(VISA・mastercard・americanexpress・JCB・Diners Club・DISCOVER)に対応したクレジットカード決済の他、中国スマホ決済のAlipay(アリペイ/支付宝)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)にも対応しており、世界的なイベントも行われる中、キャッシュレスに慣れた外国からのお客様のインバウンド需要対策に効果的です。

また、どこの銀行口座を振込口座として使っても振込手数料が無料であるため、新しく銀行口座を準備する必要はありません。

キャッシュレス・消費者還元事業に伴い、現在無料で導入できるキャンペーンを実施中であるため、クレジットカード決済などのキャッシュレス決済を検討している方はこの機会に導入してみましょう!

リクルートライフスタイルの会社概要

airpay(エアペイ)を提供するリクルートライフスタイルの企業概要です。

株式会社リクルートライフスタイルは、「ホットペッパー」や「じゃらん」などを通して、飲食、美容、ヘルスケア、旅行業界の販促業務を行っている、顧客視点とITの力でイノベーションを生み出す企業です。

近年では、多くの店舗がバックヤード業務に問題を抱えている事に注目し、バックヤード業務が一括して行える「Airシリーズ」を提供しています。

商号 株式会社リクルートライフスタイル
英文社名 RECRUIT LIFESTYLE CO., LTD.
本社 東京都千代田区丸の内1-9-2
代表番号 03-6835-1000
URL http://www.recruit-lifestyle.co.jp/
設立 2012年10月1日
資本金 1億5,000万円
従業員数 従業員数3,681名(2019年4月1日時点)
取扱高 1,634億円(2018年3月期)
株主 株式会社リクルート
【2019年】クレジット決済サービスおすすめ比較