AirペイとAirレジを一緒に使う

AirPAY

Airペイを利用するならレジはAirレジがオススメです。

なぜなら、AirペイとAirレジは同じリクルートライフスタイルが提供しているサービスなので、POS連携も簡単にできるからです。

AirペイとAirレジを一緒に使うことで、注文入力から会計までが一括で可能になり、煩わしいレジ業務がもっと便利になります。

Airレジは、無料で簡単に使えるPOSレジアプリ


基本的なレジ機能が無料

Airレジは、会計や売上分析など、基本的なレジ機能が無料で利用でき、初期費用も月額費用も無料で、コストの負担がかかりません。

Airレジ導入に必要なもの

必要なのはiPhoneまたはiPadとインターネット環境だけです。

周辺機器を組み合わせるとさらに便利に利用できます。

Airレジ(エアレジ)のメリット

レジ機能が無料

Airレジ(エアレジ)は、iPadまたはiPhone、そして周辺機器であるキャッシュドロアやレシートプリンターが無いお店は購入する必要はありますが、Airレジアプリは月額費用・初期費用ともに無料となっているので、アカウント登録後にすぐに利用が可能です。

軽減税率に対応

Airレジ(エアレジ)では、必要な設定を済ませておけば、アプリをアップデートするだけで、自動的に軽減税率制度に対応できます。

軽減税率制度とは、2019年の10月に消費税率が10%に引き上げられる際に特定の飲食料品や新聞などの税率を他と比べ低く定める制度です。

この軽減税率制度の実施に伴い、消費税率は軽減税率(8%)と標準税率(10%)の複数税率になります。

オフラインモードでの利用も可能

基本的に、Airレジ(エアレジ)を利用するにあたってはインターネット環境が不可欠です。

しかし、エアレジではインターネットに接続されていない「オフラインモード」での利用も可能です。

エアレジの場合は、アプリをダウンロードしているiPadやiPhoneの中に会計情報を保存・集積させることができます。

業務終了後にiPadやiPhoneをネット環境のある自宅に持ち帰りインターネットに接続すれば、その日の会計情報をクラウド上に保存し直すとともにレジチェックも可能となります。

何らかの事情で店舗のインターネット環境が準備できない場合や、移動店舗販売のようにそもそもネット環境を整えることが困難な場合でもエアレジは使えるのです。

Airレジ導入に必要な機器や費用は?

初期費用

AirレジはiPadまたはiPhoneがあればすべての機能が初期費用・月額費用ともに無料で利用できます。

iPad、iPhoneのiOS端末が必要

Airレジ(エアレジ)を利用するにはiPad、iPhoneのiOS端末が必要となります。

iPadまたはiPhoneをお持ちでなければ、現在「キャッシュレス0円キャンペーン」を実施している「Airペイ」の申し込みをすれば、iPadが無料でそろいます。

周辺機器の準備

AirレジはiPadまたはiPhoneがあればすべての機能が初期費用・月額費用ともに無料で利用できますが、レシートプリンターキャッシュドロアなどの周辺機器が無いとレジとしての役割は十分には果たせません。

レシートプリンターやキャッシュドロアなどの周辺機器を利用するには、「ビックカメラ」等の提携店で購入する必要があります。

他にもバーコードリーダーやラベルプリンタなども、エアレジの周辺機器として販売されています。

インターネット環境が必要

Airレジ(エアレジ)を利用するにはインターネット環境が必要です。

Docomo/au/SoftBankなどの通信回線またはWi-Fi通信で利用できますが、インターネット環境があれば、屋外での利用も可能です。

Airレジ サービスカウンター

Airレジ サービスカウンターでは、専門販売員のサポートのもと、Airレジを使ったレジ業務の体験だけではなく、クレジットカード決済(Airペイ)やQRコード決済(AirペイQR)、飲食店向けの予約台帳アプリ等も体験できます。

専門販売員に自分の店舗に合った機器の相談をしてみたり、2019年10月より施行された軽減税率の導入についての相談も可能です。

さらに、その日に購入した機器をお持ち帰りすることも、迅速な配送の手配をすることもできます。

また万一の故障・破損(水漏れや落下等の故障、iPadの画面割れ等のトラブル等)に備えた保守サポートの相談や、その場での保守サポートの申込も可能です。

全国のAirレジサービスカウンター

北海道・東北エリア

  • ビックカメラ札幌店 3F

関東エリア

  • ビックカメラ有楽町店 5F
  • ビックロ(ビックカメラ新宿東口店) B2F
  • ビックカメラ赤坂見附駅店 3F
  • ビックカメラ藤沢店 B1F

北陸・甲信越エリア

  • ビックカメラ新潟店 2F

中部エリア

  • ビックカメラ浜松店 1F
  • ビックカメラ名古屋駅西店 4F

関西エリア

  • ビックカメラJR京都駅店 4F
  • ビックカメラなんば店 4F

中国エリア

  • ビックカメラ岡山駅前店 B1F
  • ビックカメラ広島駅前店 1F神1号館 1F

九州・沖縄エリア

  • ビックカメラ天神1号館 1F
  • ビックカメラ鹿児島中央駅店 2F
  • コジマ×ビックカメラ那覇店 2F

まとめ

いかかですか?

Airレジ(エアレジ)とAirペイ(エアペイ)はどちらもリクルートライフスタイルが提供するサービスなので、連携がスムーズで一緒に使うことで、注文入力からお会計までが一括で可能になり、煩わしいレジ業務がもっと便利になります。

Airレジ(エアレジ)を利用するには「iPad」か「iPhone」が必要ではありますが、現在、キャッシュレス・消費者還元事業に伴い、「キャッシュレス0円キャンペーン」を実施している「Airペイ」への申し込みをすることで、iPadが無料でそろいます。

POSレジ導入やキャッシュレス決済の導入をお考えであれば、Airペイ(エアペイ)は初期費用も月額費用も無料で、コストの負担がかかりません。

是非、この機会に導入してみましょう!


AirPAYAirPAY(エアペイ)導入加盟店のメリット・デメリット