Times Pay(タイムズペイ)導入のメリット・デメリット

Times Pay

「今、話題になっているTimes Pay(タイムズペイ)を自分のお店に導入したい」「Times Pay(タイムズペイ)の特徴や、お店に導入した場合のメリットやデメリットを知りたい」という店舗経営者向けにTimes Pay(タイムズペイ)を紹介しています。

ぜひ導入ご検討の参考にしてみてください。

Times Pay(タイムズペイ)とは

Times Pay(タイムズペイ)とは、パーク24が提供するクレジット決済サービスです。

対応ブランドと決済手数料

クレジットカード

対応
ブランド
VISA・mastercard JCB・Diners Club・AMERICAN EXPRESS・DISCOVER
決済手数料 3.24% 3.74%

電子マネー

対応
ブランド
 

Kitaca(キタカ)・Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)・TOICA(トイカ)・manaca(マナカ) ICOCA(イコカ)・SUGOCA(スゴカ)・nimoca(ニモカ)・はやかけん・nanaco(ナナコ)・WAON(ワオン)

決済手数料 3.24%

入金(振込)サイクルと入金手数料

入金(振込)サイクル

売上の締日と入金日は毎月15日と月末日の2回です。

締日 入金日
15日 末日
末日 翌月15日

入金手数料

振込手数料は、どの銀行口座を指定しても無料です。

Times Pay(タイムズペイ)を導入するメリット

  1. 導入コストが無料
  2. 多種多様な決済に対応
  3. 分割&リボ払いが利用可能
  4. 手厚いサポート体制
  5. カーシェア・レンタカーの利用特典

導入コストが無料

Times Pay(タイムズペイ)は「新規導入限定!0円キャンペーン」実施中で、タブレット・カードリーダー・プリンターの3点セットの端末費用0円で導入可能です。

また、月額の固定費は一切かかりません。

多種多様な決済に対応

クレジットカードの他、交通系電子マネー&「WAON」「nanaco」に対応。

分割&リボ払いが利用可能

一部カードブランド及び、業種、審査結果によっては一括払いのみとなります。

手厚いサポート体制

導入時セットアップは専属スタッフが丁寧にフォロー。

また、年中無休のサポートセンターが機器の不具合や使い方の相談などのお問い合わせに、365日お電話で対応。(9:00~23:00)

カーシェア・レンタカーの利用特典

Times Pay(タイムズペイ)のデメリット

  1. QRコード決済が未対応
  2. 入金サイクルは月2回
  3. 2年目以降はタブレットのレンタル費が有料になることも

QRコード決済が未対応

クレジットカード、交通系電子マネー&「WAON」「nanaco」に対応。

QRコード決済には未対応です。

入金サイクルは月2回

入金サイクルは月2回(毎月15日と月末)です。

他の決済サービスは翌日送金や月6回の設定があり、2回は少ないと思われる方も。

2年目以降はタブレットのレンタル費が有料になることも

キャンペーン期間中に契約すると、すべて無料で導入できます。

タブレット端末は、一定額のご利用で2年目からも引き続き無料レンタルが継続されます。

しかし、一定額以下の場合は月額固定費(1,500円)が発生いたします。

利用開始までの流れ

Times Pay(タイムズペイ)は申込みから4週間程度で利用可能となります。

STEP.1
問い合わせ
電話または、問合せフォームより問合せ。
Times Payへのお問い合わせ
STEP.2
営業担当から連絡
詳しい説明のために営業担当から連絡が来る。
STEP.3
申し込み
申込書へ必要事項を記入し、手続き完了。
STEP.4
審査
審査は通常3週間程度で完了。
STEP.5
設置&利用開始
担当が訪問、使用方法等しっかり説明し設置。

▼▼公式サイトはこちら▼▼

パーク24株式会社の会社概要

商号 パーク24株式会社
本社 〒141-8924
東京都品川区西五反田2丁目20番4号
設立 1971年8月26日
資本金 19,754百万円
上場 東京証券取引所市場第一部(証券コード:4666)
【2019年】クレジット決済サービスおすすめ比較