d払い加盟店のメリット・デメリット

d払い

星野源、新田真剣佑が出演するCMやニュースで話題になっているd払いを自分のお店に導入したい」「d払いの特徴や、お店に導入した場合のメリットやデメリットを知りたい」という店舗経営者向けにd払いを紹介しています。

ぜひ導入ご検討の参考にしてみてください。


d払いとは

d払いは、株式会社NTTドコモが運営する「かんたん・便利」なバーコードだけで支払いが出来るキャッシュレス決済サービスです。

ドコモのスマホユーザーであれば、特別な申込等をすることなくd払いを利用でき、実店舗での支払いと携帯利用料を限度額の範囲内でまとめて支払うことができます。

また、「クレジットカード払い」であれば、ドコモユーザーでない方でもd払いを利用できます。

今ならキャンペーン期間中(2019年10月1日~2020年6月30日)で、「お客さま読取型QRコード」を導入しているd払い加盟店を対象に、キャンペーン対象期間中の月々のd払い決済金額の10%分が戻ってきます。

「d払い」を導入するなら、今が一番良いタイミングであるといえるでしょう!

d払いは、「キャッシュレス・消費者還元事業」における決済事業者です。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費税率が10%に引き上げられる2019年10月から9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です。

(参考:キャッシュレス・消費者還元事業の概要

d払いd払いの特徴・使い方

d払いでのお支払の流れ

STEP.1
お客様がスマートフォンでお店のバーコードを読み取る
お客様がスマートフォンでお店のバーコードを読み取る
STEP.2
お客様がお会計金額を入力
お客様がお会計金額を入力
STEP.3
お店のスタッフが画面を確認してお会計終了
お店のスタッフが画面を確認してお会計終了

d払いを導入するメリット

メリット
  1. 初期費用・月額費用無料
  2. 今なら決済金額の10%が戻ってくる
  3. ドコモユーザーの消費行動を活性化
  4. dポイントによる売り上げ貢献

初期費用・月額費用無料

インターネット回線に接続されたパソコン・スマートフォンなどが必要です。

今なら決済金額の10%が戻ってくる

「お客さま読取型QRコード」を導入しているd払い加盟店を対象に、進呈対象期間中の月々のd払い決済金額の10%分が進呈されます。

キャンペーン対象期間

2019年10月1日(火)0時~2020年6月30日(火)

ドコモユーザーの消費行動を活性化

NTTドコモは約6,700万人にも及ぶ強固な顧客基盤を持っています。

携帯電話料金の支払いによって貯まるdポイントは、ユーザーが加盟店で支払いをする際、1ポイント1円として使用できるので新規顧客獲得を促進します。

dポイントによる売り上げ貢献

d払いでは、街のお店での利用は200円(税込)につき1ポイント、ネットでの利用なら100円(税込)につき1ポイントが付与されます。

また、dポイントにフックしたキャンペーンが定期的に実施されます。

d払いを導入するデメリット

デメリット
  1. インターネットの状況に左右される

インターネットの状況に左右される

何らかの通信障害が起きた場合、一時的にしろアプリでの決済ができなくなる可能性もあります。

今なら「キャッシュレス推進ボーナス」キャンペーン開催中!

ドコモのキャッシュレス推進ボーナス

QRコード読取型決済を利用している加盟店向けのキャンペーンとなります。

これにより加盟店手数料3.24%が実質無料となります!

キャンペーン内容

「お客さま読取型QRコード」を導入しているd払い加盟店を対象に、進呈対象期間中の月々のd払い決済金額の10%分が進呈されます。

キャンペーン対象期間

2019年10月1日(火)0時~2020年6月30日(火)23時59分

キャンペーン対象条件

以下の条件をどちらも満たしているd払い加盟店が対象です。

  1. 進呈対象期間中にd払い加盟店になっていること
  2. 「お客さま読取型QRコード」によるd払い決済実績があること

対象サービス

対象サービスは「クラウドペイ®」と総務省統一QR「JPQR」普及事業で申込みのJPQR(MPM店舗)になります。

進呈金額

月々の対象決済金額の10%分

進呈金額上限

1店舗につき、5,000円/月

贈呈時期(予定)

3か月につき1回進呈されます。

  • 2019年10月~12月決済分:2020年2月末日
  • 2020年1月~3月決済分:2020年5月末日
  • 2020年4月~6月決済分:2020年8月末日

クラウドペイの読取型決済を導入する

今回の「ドコモのキャッシュレス推進ボーナス」対象サービスは「クラウドペイ®」と総務省統一QR「JPQR」普及事業で申込みのJPQR(MPM店舗)になります。

こちらではクラウドペイのサービス詳細を紹介させていただきます。

クラウドペイ(Cloud Pay)は、バーコード1枚で、d払いをはじめ、複数の事業者のQR決済サービスを利用することが可能となります。

レジ周りのスペースを取ることなく、どのバーコードを読み込むのか、お客さまが迷わずに決済することが可能です。

初期費用・月額費用

初期費用・月額費用は0円で導入できますが、インターネット回線に接続されたパソコン・スマートフォン等が必要です。

対応ブランドと決済手数料

クラウドペイが対応しているQRコード決済サービスは、d払い、LINE Pay、メルペイ、Alipay(アリペイ/支付宝)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)の5つです。

d払いとAlipay、WeChatPayに関しては、2019年5月16日から受付を開始しており、メルペイ、LINE Payに関しては順次サービス開始の予定です。

対応ブランド d払い・Alipay(アリペイ/支付宝)・WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)
サービス開始予定 LINE Pay(ラインペイ)・メルペイ
決済手数料 3.24%

決済手数料

クラウドペイの決済手数料は一律3.24%(税込)です。

入金サイクル

クラウドペイでの売上額の入金サイクルは、月2回となります。

売上 入金日
1日~15日 月末
16日~月末 翌月15日

入金手数料

入金に係る振込手数料は無料です。

クラウドペイ加盟店登録までの流れ

STEP.1
WEBフォームでお申込み
必要書類のご準備とWEBアップロードします。
WEBフォームでお申込み
STEP.2
審査結果をメールでお知らせ
お申込みから1ヶ月~2ヶ月ほどで審査結果の連絡が来ます。
審査結果をメールにてお知らせ
STEP.3
導入ツール設定、サービス開始
導入ツール到着後、設定しすぐにサービスの開始ができます。
導入ツール設定、サービス開始

クラウドペイお問い合わせ窓口

クラウドペイの申込方法の確認・導入のご相談は電話かメールで

クラウドペイ問い合わせ窓口

クラウドペイの申し込み・問い合わせはこちら


Cloud Pay(クラウドペイ)Cloud Pay(クラウドペイ)加盟店のメリット・デメリット

AirPAY(エアペイ)導入でd払いも利用できる

クレジットカード決済や電子マネー、他社のQRコードの決済も導入予定であればAirPAY(エアペイ)を導入してもよいかもしれません。

幅広い決済に対応が可能となります。

AirPAY(エアペイ)

AirPAY
リクルートが提供する決済サービスです。iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台で、LINE Payはもちろん、主要のクレジットカード、交通系電子マネー、Apple Pay、iD、QuicPay、PayPay、ALIPAY、WeChat Pay、d払いの支払いに対応できます。



株式会社NTTドコモの会社概要

商号 株式会社NTTドコモ
英文名 NTT DOCOMO, INC.
本社 〒100-6150
東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
設立 1991年8月14日
資本金 9,496億7,950万円