Square POSレジ

square

クレジット決済サービス「Square」の導入を考えている方の中には、一緒にSquare POSレジの導入も検討されている方も多いかと思います。

そこで、こちらではSquare POSレジの導入メリットや、必要なものや利用開始までの流れなどを紹介しています。

お店にSquare POSレジの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

POSレジとは

POSとは「Point Of Sales」の頭文字をとった略語で「販売時点情報管理」の意味です。

販売時点情報管理とは、商品を販売した時点に発生するデータ(いつ、何が、どのくらい売れたか等)をリアルタイムで管理し、売上集計や在庫管理など幅広い機能を持つシステムを指します。

POSレジとは、その販売時点情報管理のシステムが組み込まれているレジのことです。

Square POSレジとは

Square POSレジ

Square POSレジは、モバイル決済企業のSquare社が提供する、無料のPOSシステムです。

Square社はアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く企業で、2009年にTwitterの創業者/CEOとして知られるジャック・ドーシーによって設立されました。

2012年にはアメリカ国内のスターバックス全店舗にSquareによるカード決済を導入したことで、アメリカでの知名度を高め、2015年にはニューヨーク株式市場に上場するまでに成長しています。

Square POSレジは、タブレットやスマホ(Apple iOS / Android搭載の機種)さえあれば導入可能です!

従来のPOSレジの初期費用は100万円を超えるえる場合も多いため、零細企業や小規模業者がPOSレジを導入するのは難しいのが現実でした。

Squareから提供されるPOSレジアプリは無料で使えるので、導入コストは非常に安く、面倒な手続きや工事が不要となります。

高価すぎて従来のPOSレジの導入に踏み切れなかった零細企業、小規模業者でも高機能なPOSレジを手軽にスピーディーに導入することができます。

Square POSレジの利用者は世界中で200万を超えています。

Square POSレジでできること

Square POSレジでは主に以下のことができます。

  • 顧客リスト機能
  • 在庫管理機能
  • 店舗管理機能
  • 保留会計機能
  • 個別精算機能(割り勘)
  • オーダーシート印刷

顧客リスト機能

顧客情報はオンラインの顧客リストに安全に保存でき、いつでも、どこからでもアクセスできます。

さらに、Square 請求書と連動するので、請求のプロセスがよりシンプルにできます。

在庫管理機能

あらかじめ、商品登録と各商品の在庫数を入力をしておけば、売上とともに在庫データが変動できます。

Square データにログインすれば、どこにいても在庫管理が可能です。

店舗管理機能

複数店舗で取り扱いの商品や売上データなどが、1つのアカウントで管理可能です。

店舗追加は数クリックで完了し、追加の料金も発生しません。

保留会計機能

iPad や Android タブレット上の Square POS レジから、伝票ごとに注文の追加や保存が可能です。

また、お会計が必要なときには、いつでも伝票を呼び出すことができます。

個別精算機能(割り勘)

個別精算機能を使えば、1 件の会計に対して複数の支払方法に対応が可能となります。

お客様ごとに、別々に精算することができます。

オーダーシート印刷

iPad または Android 端末にプリンターを接続すれば、「オーダーシート」と「オーダーシートのお客さま控え」を印刷することもできます。

Square POSレジ導入のメリット

導入コストが安く、導入がスピーディー

Square POSレジの導入には、Square社が提供するカードリーダー「Square Reader」と、無料で提供される「POSレジアプリ」、Apple iOS / Android搭載の「スマートフォン/タブレット」だけですのでPOSレジの導入コストが安く抑えられ、スピーディーに利用を開始できます。

クレジットカード決済手数料が安く、入金が早い

Square(スクエア)のクレジットカード決済で必要な費用は、決済手数料のみとなっています。

また、クレジットカード決済分の売上は、最短で翌営業日に入金が可能となっています。

振込手数料は、どの銀行口座でも無料です。

クレジットカード決済手数料

カードブランド決済手数料
VISA・Mastercard・American Express・Diners Club・DISCOVER3.25%
JCB3.95%

入金(振込)サイクル

振込指定銀行締日入金日
みずほ銀行
三井住友銀行
毎日23:59翌営業日
その他の金融機関毎週水曜日同じ週の金曜日

Square POSレジ導入までの流れ

Square POSレジの導入に必要なもの

  1. Square Reader
  2. Square POSレジアプリ(無料)
  3. スマートフォン/タブレット
    (Apple iOS / Android搭載の機種)

アカウント登録から利用開始までの流れ

STEP.1
アカウントの作成
メールアドレス・登録者情報・事業内容・入金先口座情報を入力します。
STEP.2
Square Readerの購入
SquareショップでSquare Reader(7,980円)もしくは、Square Stand(32,980円)を購入します。
STEP.3
アプリをインストール
Square POSレジのアプリをモバイル端末にインストールし、Squareアカウントで設定したメールアドレスとパスワードを使ってログインします。
STEP.4
アプリに各種情報を登録
ログインしたらSquare POSレジに各種情報を登録します。
STEP.5
利用開始

まとめ

以上、Square POSレジの導入メリットや、費用、必要なもの、利用開始までの流れなどを紹介させていただきました。

Square POSレジはApple iOSとAndroidのどちらにも対応しているので、既にお持ちのスマートフォン/タブレットを利用して安くスピーディーに導入できます。

ぜひこの機会に、Square POSレジ導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。


squareSquare(スクエア)導入加盟店のメリット・デメリット