楽天ペイアプリで「楽天Edy」「Suica」が利用可能に

楽天ペイ

楽天ペイアプリで「楽天Edy」「Suica」が利用可能に

スマホ決済アプリ「楽天ペイアプリ」で電子マネーの「楽天Edy」「Suica」が利用できるようになりました。

利用できるのは「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid™端末のみ対応となります。

楽天Edy

Android版楽天Payアプリのアップデートを適用すると、おサイフケータイ対応スマートフォンでEdy払いが利用できるようになりました。

Edyはもともとプリペイド型の電子マネーであるため、楽天ペイアプリから利用する場合も事前のチャージが必要です。

楽天Edyの残高は、コード支払いで使える楽天キャッシュの残高とも別管理となります。

つまり、今回の”統合”は”楽天ペイアプリからおサイフケータイ楽天Edyの機能が呼び出せるようになった”という点にとどまっており、残高は楽天ペイ(コード払い)と楽天Edyで別建てということになります。

楽天Edyへのチャージは店頭での現金チャージか、クレジットカードの楽天カードのみに対応しています。

一方でコード払いでは他社クレジットカードでの支払いと、「楽天キャッシュ」での支払いに対応しています。

楽天キャッシュへのチャージはクレジットカードの楽天カードか、銀行口座(楽天銀行のみ)が利用でき、店頭での現金チャージはできません。

楽天Edy楽天Edy(楽天エディ)の特徴・使い方

楽天ペイのSuica

「楽天ペイのSuica」とは、楽天ペイアプリ上でSuicaの発行・チャージ・利用が出来るサービスです。

現在モバイルSuicaを利用中の方も、楽天ペイアプリ上で利用中のモバイルSuicaを連携登録することで、楽天ペイのSuicaを利用することができます。

「楽天ペイのSuica」へのチャージは店頭での現金チャージか、クレジットカードの楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)のみとなります。

「楽天カード」を支払い元に設定し、「楽天ペイ」アプリで「Suica」にチャージすることで、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」が貯まります。
Suica(スイカ)Suica(スイカ)の特徴・使い方

楽天ペイアプリとは?

楽天ペイアプリは、楽天会員であればスマホひとつで登録したクレジットカードでお支払いができるスマホアプリ決済サービスです。

利用者はスマートフォンさえあれば、QRコード・バーコードを提示する、あるいはQRコードを読み取るだけで支払いができます。

楽天ペイアプリを利用することで、楽天グループのポイントプログラムである「楽天スーパーポイント」を貯めたり、お支払いに使ったりすることもできます。

決済用のクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれがポイント付与されるので二重に貯めることができます。
楽天ペイ楽天ペイアプリの特徴・使い方

楽天ペイメント株式会社の会社概要

商号楽天ペイメント株式会社
英文名Rakuten Payment, Inc.
本社〒158-0094
東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
設立2019年4月1日
株主構成楽天株式会社(100%)