QUICPay(クイックペイ)の特徴・使い方

QUICPay(クイックペイ)

スマホでクイックお支払い♪QUICPayのCMです♪

三吉彩花さん演じるカフェ店員が、早着替えで次々と変身します。


QUICPay(クイックペイ)とは

QUICPay(クイックペイ)は、クレジットカードと紐づかせて利用できる電子マネーです。

JCBやクレディセゾン、オリコなどが発行している多くのクレジットカードに掲載されています。

クレジットカードの他に、デビットカードやプリペイドカードに紐づかせて使える「QUICPay+」もあります。

QUICPay(クイックペイ)は、ポストペイ方式(後払い)の電子マネーです。

あらかじめ特定のクレジットカードと連携しておき、利用した分だけクレジットカード代金と一緒に請求されるので、事前にチャージする必要がありません。QUICPay(クイックペイ)

サービス名 QUICPay(クイックペイ)
チャージ上限 1回20,000円まで
支払い方式 ポストペイ方式(後払い)
プリペイド方式(事前払い)
即時払い
独自ポイント なし
発行会社 JCB

選べる3種類のQUICPay

カードタイプ、モバイルタイプ、その他タイプ(コイン型・キーホルダー型)のようにさまざまな種類があるので、ライフスタイルにあわせてお好みのタイプを選べます。

カードタイプ

①クイックペイの機能だけがついた専用カード、②クレジットカードとクイックペイ機能のどちらも利用できるクレジットカード一体型、③nanacoとクイックペイの2つの電子マネーが利用できるQUICPay(nanaco)等があります。

QUICPayカードタイプ

モバイルタイプ

「おサイフケータイ」対応の携帯電話で利用できるQUICPayモバイルおよびGooglePay、Apple端末で利用できるApplePayがあります。

QUICPayモバイルタイプ

その他タイプ(コイン型・キーホルダー型など)

コイン型キーホルダー型などのQUICPayがあります。

QUICPayコイン型

QUICPayとQUICPay+の比較

QUICPayとQUICPay+(クイックペイプラス)の違いは、主に2つあります。

まず、通常のQUICPayでは1回の支払可能金額が2万円という利用上限が設定されていますが、QUICPay+の場合は利用上限がなく2万円以上の利用も可能 となっています。

2つ目は、QUICPay+はクレジットカード以外にも、特定のデビットカードやプリペイドカードとの連携が可能となっている点です。

支払い方法 1回あたりの利用可能金額
QUICPay(クイックペイ) クレジットカード 2万円まで
QUICPay+(クイックペイプラス) クレジットカード QUICPay+対応店では、2万円以上も可
デビットカード 2万円以上も可
プリペイドカード

QUICPay+は、Apple Pay、Google Payに搭載されています。

Apple Payは対象のiPhone、Apple Watchに、Google Payは対象のAndroid端末にクレジットカード等を登録することで、利用できます。

QUICPayの使い方

電子マネー「QUICPay」は、全国81万か所で利用できます。

「QUICPay」ロゴのある店舗で「QUICPayで支払います」と伝え、「クイックペイ♪」という音が鳴るまで読取り機にかざせは支払い完了です。

QUICPay(クイックペイ)を利用するには

QUICPay(クイックペイ)を利用するには、QUICPayに対応するクレジットカードが必要です。

何故ならQUICPayは、あらかじめ特定のクレジットカードと連携しておき、利用代金は後日クレジットカードの支払いと一緒に引き落とす仕組みだからです。

QUICPay対応のカードを持っているか確認し、持っている場合は発行クレジット会社ホームページより申込みください。

持っていなる場合は、QUICPayに対応するクレジットカードを申込みするところからスタートします。