d払いとメルペイ、2020年9月からQRコードを共通化

NEWS

「d払い」と「メルペイ」のQRコードを共通化

NTTドコモとメルカリ子会社のメルペイは2020年7月1日、運営するスマホ決済の「d払い」と「メルペイ」のQRコードを2020年9月から共通化すると発表がありました。

店頭に置かれた一のQRコードで、利用者は「d払い」と「メルペイ」のいずれかの決済を利用できます。

「d払い」と「メルペイ」の両サービスを合わせると登録者数はのべ3千万人、店舗は同330万カ所以上となり、QRコード決済で先行するソフトバンク系列<の「PayPay(ペイペイ)」などに対抗します。

決済手数料はどうなる?

導入店舗が負担する手数料も税別2.6%に統一されますが、チェーン店などを除いた中小の事業者はd払いは2021年3月、メルペイは2021年6月まで手数料が無料となります。

手数料を税別2.6%に統一するため、メルペイは従来1.5%としていた手数料を引き上げ、d払いは3.24%から下げることとなります。

店舗にとっては導入負担の軽減や集客につながり、利用者にとっては使える決済手段が増えることのなります。

いつから利用できるのか?

2020年7月1日より店舗の申し込み受け付けを始め、共通化したQRコードを発送し、2020年9月初旬から店頭で利用できるようになります。

d払いd払いの特徴・使い方 d払いd払い加盟店のメリット・デメリット メルペイメルペイの特徴・使い方 メルペイメルペイ加盟店のメリット・デメリット