外国人観光客のインバウンド需要にクレジットカード決済で対応する

海外からのインバウンド(訪日外国人客)数は、ここ数年最高を更新し続けています。

2019年以降日本ではラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピック、大阪万博と、世界的なイベントが多く予定され、ますます外国人観光客が増えていくことが予測されます。

そんなインバウンド需要に向けて、クレジットカード決済の導入が不可欠です。

なぜなら、多くの諸外国では日本以上にクレジットカード決済が普及している国が多いからです。

こちらでは、インバウンド需要向けのクレジットカード決済導入のポイントについてご紹介します。

年々増え続けている外国人観光客

訪日外国人数は年々増え続け2018年は3,000万人を突破し、2019年の訪日外国人数も前年比で2.2%増加と過去最高の記録となっており、この勢いはまだまだ衰えそうもありません。

こうした状況から、訪日外国人客を対象としたインバウンド需要の取入れも行っていく必要があります。

下記の国土交通省観光庁のホームページでは訪日外国人にまつわる様々なデータを掲載していますので、参考にしてみてください。
参考 訪日外国人消費動向調査|統計情報国土交通省観光庁

クレジットカード決済でインバウンド需要に対応する

クレジットカード

インバウンド需要に応えるとなると、まず必要なのがクレジットカード決済への対応です。

昨今、日本でもクレジットカード決済はかなり普及してきましたが、海外諸国のクレジットカード決済の比率は日本の比ではありません。

そうしたクレジットカード決済に慣れた訪日外国人旅行者にとって、クレジットカードが利用できないという事はわずらわしいものだと思います。

インバウンドの需要に対応するには、クレジットカード決済が不可欠なのです。

クレジットカード決済の導入には「申込みの手続きが難しそう」「クレジットカード決済にはコストがかかる」といった疑問や不安はあるかと思います。

しかし、クレジットカード決済の対応によって、今後も増え続けるインバウンド需要に対応することが可能となれば、メリットのほうが大きいはずです。