Coiney(コイニー)導入のメリット・デメリット

coiney

今、CMやニュースで話題になっているCoiney(コイニー)を自分のお店に導入したい」「Coiney(コイニー)の特徴や、お店に導入した場合のメリットやデメリットを知りたい」という店舗経営者向けにCoiney(コイニー)を紹介しています。

ぜひ導入ご検討の参考にしてみてください。



Coiney(コイニー)とは

Coiney(コイニー)とは、コイニー株式会社が提供するクレジットカード決済サービスです。

手持ちのスマートフォン・タブレット機種にてCoineyアプリを起動し、専用のクレジットカード読み取り機器(CoineyターミナルPlus)と接続することで、対面でのクレジットカードや電子マネー、QRコード決済が可能です。

対応ブランドと決済手数料

クレジットカード

対応
ブランド
VISA・mastercard・americanexpress JCB・Diners Club・DISCOVER
決済手数料 3.24% 3.74%

電子マネー

対応
ブランド
Kitaca(キタカ)・Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)・TOICA(トイカ)・manaca(マナカ) ICOCA(イコカ)・SUGOCA(スゴカ)・nimoca(ニモカ)・はやかけん
決済手数料 3.24%

QRコード

対応
ブランド
WeChat Pay
決済手数料 3.24%

Coiney(コイニー)を導入するメリット

  1. 導入コストが無料
  2. 多種多様な決済に対応
  3. 2回払い・リボ払いが利用可能
  4. WeChat Payに対応

導入コストが無料

Coiney(コイニー)は「タダノリキャンペーン」実施中で、端末費用0円で導入可能です。

通常、決済端末費用が19,800円かかります。

また、月額の固定費は一切かかりません。

多種多様な決済に対応

クレジットカードの他、各種電子マネー、QRコード決済に対応しています。

2回払い・リボ払いが利用可能

VISA / Mastercardブランドであれば1回払いの他、2回払い・リボ払いが利用可能です。

WeChat Payに対応

中国で最も広まっているメッセンジャーアプリ “WeChat” で提供されている決済サービスです。

訪日中国人観光客向けの決済サービスを整えたい場合に最適です。

Coiney(コイニー)のデメリット

  1. 10万円未満の場合、200円の振込手数料
  2. QRコード決済がWechatPayのみ

10万円未満の場合、200円の振込手数料

売上合計が10万円未満の振込みの場合、200円の振込手数料が発生します。

QRコード決済がWechatPayのみ

AirPay(エアペイ)と比べると対応QRコード決済が少ないです。

利用開始までの流れ

Coiney(コイニー)は申込みから2週間程度で利用可能となります。

STEP.1
お申込み
お申し込みフォームに入力する。
審査に必要な書類をアップロードし申込む。
STEP.2
審査
申込情報を元に加盟店審査を行います。
審査は最短10日程度で完了。
STEP.3
配送
加盟店審査通過後、Coineyリーダーが届きます。
STEP.4
初期設定
スマートフォン・タブレット機種よりCoiney(コイニー)アプリのダウンロードを行う。
IDとパスワードでログインして準備完了です。
STEP.5
利用開始

▼▼公式サイトはこちら▼▼

コイニー株式会社の会社概要

商号 コイニー株式会社設
本社 東京都渋谷区東3丁目16番3号
エフ・ニッセイ恵比寿ビル4階
設立 2018年2月1日
資本金 7,500万円
株主 ヘイ株式会社