AirPAY(エアペイ)導入のメリット・デメリット

AirPAY


オダギリジョー出演のCMやニュースで話題になっているAirPAY(エアペイ)を自分のお店に導入したい」「AirPAY(エアペイ)の特徴や、お店に導入した場合のメリットやデメリットを知りたい」という店舗経営者向けにAirPAY(エアペイ)を紹介しています。
ぜひ導入ご検討の参考にしてみてください。

AirPAY(エアペイ)とは

AirPAY(エアペイ)とは、リクルートが提供するAirシリーズのクレジットカード決済サービスです。

専用のマルチ決済端末とiPadまたはiPhoneを利用してクレジットカードや電子マネー、QRコード決済が導入できます。

Airレジと併用することでPOS連携が可能となります。

対応ブランドと決済手数料

クレジットカード

対応
ブランド
VISA・mastercard・americanexpress JCB・Diners Club・DISCOVER
決済手数料 3.24% 3.74%

電子マネー

対応
ブランド
Kitaca(キタカ)・Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)・TOICA(トイカ)・manaca(マナカ) ICOCA(イコカ)・SUGOCA(スゴカ)・nimoca(ニモカ)・はやかけん ApplePay・iD・QUICPay
決済手数料 3.24% 3.74%

※「Apple Pay」を「Suica」で利用する場合、決済手数料は3.24%となります。

QRコード決済

対応
ブランド
LINE Pay・ALIPAY・D払い・WeChat Pay
決済手数料 3.24%

ポイント

対応
ブランド
T-POINT・Ponta・WAON POINT

AirPAY(エアペイ)を導入するメリット

  1. 多種多様な決済に対応
  2. 導入・運用コストが無料
  3. Airレジとの併用でPOS連携が可能

多種多様な決済に対応

クレジットカードの他、各種電子マネー、QRコード決済に対応しています。

導入・運用コストが無料

AirPAY(エアペイ)は「キャッシュレス0円キャンペーン」実施中で端末費用0円で導入可能です。

通常、カードリーダー費用が19,800円かかります。

また、月額の固定費・振込手数料は一切かかりません。

Airレジとの併用でPOS連携が可能

AirPAY(エアペイ)のデメリット

  1. 対応端末がiOSのみ、Androidは未対応

対応端末がiOSのみ、Androidは未対応

対応端末がiOSのみであるためipadとiphoneでしか利用できません。

ios端末をお持ちでない場合、別途購入する必要があります。

利用開始までの流れ

AirPAY(エアペイ)は申込みから2週間程度で利用可能となります。

STEP.1
お申込み
店舗情報、口座情報、法人の場合は法人情報の入力。
また、キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みをご希望の方は、登録情報を入力。
審査に必要な書類をアップロードし申込む。
STEP.2
審査
審査は通常3日程度で完了。
審査結果が登録メールアドレスに送信されるほか、管理画面でもご確認可能。
STEP.3
配送
審査完了後、登録した店舗にカードリーダー、操作マニュアル、加盟店ステッカーが届く。
キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みでiPadも希望された場合は、合わせてお届く
STEP.4
初期設定
iPadまたはiPhoneにAirペイアプリのダウンロードを行う。
カードリーダーの箱に同梱されているマニュアルを参考に、各種設定を行う。
STEP.5
利用開始
ご利用開始のお知らせメールが届いたら、決済機能が利用できるようになる。

株式会社リクルートライフスタイルの会社概要

商号 株式会社リクルートライフスタイル
本社 東京都千代田区丸の内1-9-2
設立 2012年10月1日
資本金 1億5,000万円
株主 株式会社リクルート