代表的なキャッシュレス決済はこの3種類

キャッシュレス

キャッシュレス決済は、「クレジットカード」「電子マネー」「コード決済」の3つに分類されます。

クレジットカード

日本で最も普及しているキャッシュレス決済がクレジットカードです。

クレジットカード

メリット

メリットは、実店舗のほかネット通販など、とにかく利用できる場所が多いことです。

また、利用限度額が高いため、高額決済にも向いており、1回払いの他、分割払いやリボルビング払い(分割払いの一種)、ボーナス一括払いなど、さまざまな支払方法があるのが特徴です。

利用した金額に応じてポイントも貯まります。

デメリット

一方デメリットは、利用限度額が高く、後払い方式になるため「使いすぎてしまう」心配があります。

また、クレジットカードを所有するにはカード会社の審査が必要なため発行するまでに時間がかかります。

ポイント還元などの「お得さ」はコード決済に劣ります。

決済までの仕組み

クレジットカードは後払い方式となるため、登録した銀行口座から後日引き落としとなります。

一回払いのほか、分割払いやリボ払いでの支払いも可能です。

電子マネー

Suicaやnanaco、WAONのほか、Apple PayやGoogle Pay、おサイフケータイなどがここに分類されます。

通勤などで交通機関を利用する人にとっては一番身近な存在ではないでしょうか。

電子マネー

メリット

カード形式のほか、スマホを使うのはコード決済と共通するところですが、アプリを起動する手間が不要なので利便性が高く決済がスピーディーであることが特徴です。

利用した金額に応じてポイントも貯まります。

デメリット

一方デメリットは、前払い型はチャージ限度額があるため高額な決済には不向きです。

反対にクレジットカードと紐づけて利用する「id」「QUICPay」は後払い方式になるため「使いすぎてしまう」心配があります。

ポイント還元などの「お得さ」はコード決済に劣ります。

決済までの仕組み

電子マネーには、事前に現金をチャージし前払いする「プリペイド方式」と、使用した金額をカードに紐づけられたクレジットカードから後日引き落とされる「ポストペイ方式」があります。

一部の金融機関では銀行口座と連携したデビットカードによる同時引き落としも可能です。

代表的な電子マネー

コード決済

今最も旬なのがバーコードやQRコードを読み取って決済する「コード決済」です。

PayPayの「100億円キャンペーン」をはじめ、20%還元などで盛り上がりを見せています。

コード決済

メリット

各社の参入が相次ぎ、キャンペーン合戦で特典競争も激しくポイント還元率が高いことが一番大きなメリットです。

また、アプリ利用まで登録が早く、スマートフォンだけで決済を完結することが可能です。

デメリット

一方デメリットは、レジでの支払い時にはアプリを起動しQRコードを表示する、または読み取る必要があり少々手間がかかるところです。

また、何らかの通信障害が起きた場合、一時的にしろアプリでの決済ができなくなる可能性もあります。

決済までの仕組み

コード決済は事前に現金をチャージする先払いと、銀行口座を登録してチャージ時に引き落としで支払う方法、クレジットカードと紐づけてチャージまたは利用した金額をカード利用代金と一緒に支払する方法があります。

代表的なコード決済

キャッシュレスキャッシュレス決済と現金決済のメリット・デメリットを比較