ネットでキャッシング

ネットキャッシング比較ガイド
トップページ>銀行系、信販系、消費者金融系の違い

銀行系、信販系、消費者金融系の違い

一般にお金の借り先として挙げられるのが、銀行系、信販系、消費者金融系の3つで、それぞれに利便性も違います。メリット・デメリットをよく理解し最適なキャッシングを行いましょう。

銀行系

銀行系のメリットは信販系・消費者金融系に比べて一般的に金利が安く、様々な個人向けサービスが用意されています。一度契約を済ませれば安定した使用ができるのも特徴です。一方デメリットとして「審査が厳しい」「審査時間が長い」「審査書類が多い」など、信販系・消費者金融系に劣る面もありますが、金利は一番低いです。

信販系

信販系では「クレジットカード」による個人向け融資となります。クレジットカードのメリットとしえ、ショッピング機能やポイントサービス等、付随するサービスが充実しているので、普段の生活にも大変便利な点があげられます。金利・利息は一般的に銀行系と消費者金融系の中間の設定になっています。

消費者金融系

銀行系・信販系に比べ、申込み手続きや審査をすばやく行うことができ融資までの時間が短いメリットがあります。また、キャッシング後すぐに返済が可能な場合は、利息が日割り計算となるので、消費者金融からキャッシングしたほうが金利負担を低く抑えられることもあります。最近はインターネットからの申込みも可能となり、利便性が向上しています。一方デメリットとして銀行系・信販系に比べ金利は一番高いです。

リンクについて自動相互リンク集ご利用上の注意お問い合わせサイトマップ
Copyright (C) ネットキャッシング比較ガイド All Rights Reserved